100円の広角レンズを買ってみました

なんとなく買った「広角&マクロレンズ」がけっこう使えそう

先日たまたま100円ショップに行ったので、何かないかとブラブラしているとスマホ関連のコーナーに「広角&マクロレンズ」が売っていました。
100円ですが、レンズ、キャップ、クリップ、携帯用袋が付いています。これでも100円ですw。
スマホレンズの上から挟んで取り付ける構造になっています。クリップの部分はプラスチックで、レンズのフレームは金属でできているようです。


とても軽いので、レンズが重みでズレるようなことはありません。レンズは2つ付いていて、2つをつなげて使うと「広角レンズ」、1つ外して使うと「マクロレンズ」になります。何度も言いますが、これでも100円ですw。

使ってみると、広角レンズはいまいちでしたが、マクロレンズがなかなかいい感じの写真が撮れます。

広角レンズ

広角レンズは少し広く撮れましたが、画像の周りが歪んでピントがボケます。そしてどうしてもレンズの影が入ってしまいます。何度か調整してみたのですが、影が映らない位置に調整することができなかったです。画質は悪くなります。

通常撮影
広角レンズ装着

通常撮影の写真と見比べると、やはり画質も悪くピントも合いません。画像の周りも歪んでいます。

マクロレンズ

驚いたのはこのマクロレンズです。広角レンズと同じく画像の周りが歪んでピントはボケるんですが、マクロレンズの場合はそれが「味」になっていますw。なんだかいい感じの写真に仕上がるのです。
しかもかなり被写体に近づいて撮ることができます。以下は通常撮影とレンズ装着時の比較です。通常撮影は被写体に近づける距離の限界が以下の距離です。

通常撮影

マクロレンズを付けるとかなり被写体に近づくことができます。中心だけピントがあって周りは歪んでピンぼけしますが、それがいい感じの写真になるんですw。

マクロレンズ装着

まとめ

こんなものまで100円で売ってる時代になったんですね。マクロレンズはいろいろと遊べそうです。100円でこれだけ遊べたら十分ですねw。