ファイル拡張子を表示する方法(Mac OS X)

投稿日: カテゴリー ITよろず タグ

Macではデフォルトでファイル拡張子が非表示となっています。ファイルの種類を拡張子で判断する使い方をしている人は不便に感じることもあるかと思います。
拡張子の表示・非表示の設定は簡単にできるのでMacを使い始めのときに設定しておけばとても便利です。

すべてのファイル拡張子の設定を変更したい場合は、Finderの環境設定で設定します。
「Finder」>「環境設定」>「詳細」>「すべてのファイル名拡張子を表示」を選択するか選択を解除します。
Finder環境設定 Finder環境設定詳細

スポンサーリンク

1つのファイル拡張子の設定を変更したい場合は、対象のファイルを選択し「control ⌃キー + マウスクリック」もしくは「マウス右クリック」で「情報を見る」を選択するか、「command ⌘キー + I」でファイルの情報を表示します。
「名前と拡張子」にある三角をクリックしてセクションを表示し、「拡張子を隠す」を選択するか選択を解除し表示・非表示を設定します。
拡張子を隠す