Mac OS Xの隠しファイルやフォルダを表示・非表示する方法

投稿日: カテゴリー ITよろず タグ

Macはデフォルトでは隠しファイルやフォルダが非表示となっています。隠しファイルはアプリやシステムが動作する上で重要なファイルで、通常は簡単に修正や削除ができないように非表示となっています。しかし、時にはこういったファイルを修正したいこともあります。例えば、ローカル環境にApacheが動作する環境を構築したときなど、対象のWebサイトが正しく動作するために「.htaccess」ファイルを修正したり、PATHを通すための環境設定を修正するために、「.bashrc」「.bash_profile」ファイルを修正したい場合があります。
そんな時にこれらのファイルを表示する必要があるので、表示・非表示の切り替え方法を説明します。

【Finderで常に表示・非表示されるようにする方法】

ファイルやフォルダをFinderから常に表示できるようにするにはターミナルからコマンドを使って指示します。

・隠しファイルの表示

以下のコマンドで隠しファイルを表示できるように、Finderのユーザー配下のplist設定ファイルにある設定を変更する指示をします。

Finderを再起動することで変更が有効になります。

Finder-隠し

スポンサーリンク

・隠しファイルの非表示

隠しファイルを非表示にもどすには以下のコマンドで指示します。

もしくは、以下のコマンドで表示・非表示を指示する設定項目を削除することでもデフォルトの状態にもどります。

Finderを再起動することで変更が有効になります。

【アプリからファイルを開くときだけ表示する方法】

修正したい隠しファイルだけ見れればよくて、常に表示されなくても修正するときだけ表示されてファイルを開くことができればいいときも方法があります。
エディタなどのアプリからファイルを開く操作のときに、開きたい隠しファイルのあるフォルダ上で「command ⌘ + shift ⇧ + . 」とキーを押すと、そのフォルダにある隠しファイルが表示されます。

・通常のファイルを開く画面

ファイル開く

・command ⌘ + shift ⇧ + . 」キーを押した時の画面

ファイル開く-隠し
これは隠しファイルの内容を修正したいだけであれば簡単で有効な手段かと思います。
ファイルの削除や名前変更などを行いたいときは、Finderで操作できるように表示する必要があります。