家庭内のLANに繋がっている機器の情報を見る

私達の暮らしにインターネットが当たり前になってから、パソコン、タブレット、スマホなどはもちろん、テレビやBDプレイヤーやレコーダーなど様々な機器がネットワークに繋がっています。家では光ファイバーやケーブルなどでインターネットを使っている人は、ルータを設置して家庭内のLAN環境を作って、いろいろな機器を繋いでいる人も少なくはないでしょう。そのうち家庭内のLAN環境でどの機器が繋がっているのかわからなくなってきた、ということもあるかと思います。そこで、家庭内のLAN環境に繋がっている機器の調べ方について紹介します。

何を調べるの?

私達がパソコンやテレビを識別するときに名前や型番を見るように、ネットワークに繋がっている機器を識別するためにIPアドレス、MACアドレス、ホスト名を調べます。IPアドレス、MACアドレスはネットワークに繋がっている場所と機器を識別するための番号です。ホスト名はその機器が何かをわかり易くするために付けた名前です。ホスト名は任意で付けるものなので無い機器もあります。これらの情報を得ることで家庭内LANに繋がっている機器を識別します。

WindowsやMacで調べる

・arpコマンドを使う

家でWindowsやMacを使っている人は特別なアプリを使用せずとも、LANに繋がっている機器を調べることができます。

まずはブロードキャストにpingを発行して、使用しているアドレス範囲の情報をとれるようにします。

Xの部分に実際に使用しているアドレスを入力してください。そのあとarpコマンドを実行します。

MacのターミナルやWindowsのコマンドプロンプトでこのコマンドを使うと、LANに接続している機器のIPアドレス、MACアドレスが表示されます。Macの場合は分かるものはホスト名も表示されます。

スポンサーリンク

・MacでLanScanを使う

Mac上で動作するフリーソフトであるLanScanを使って調べることもできます。App Storeから入手できます。
ネットワークスキャンMac

使い方はとても簡単です。画面左上の「Lan your Scan」ボタンを押すとネットワークをスキャンします。

ネットワークスキャン

・WindowsでSoftPerfect Network Scannerを使う

WindowsではSoftPerfect Network Scannerで調べることができます。これもフリーソフトです。
ネットワークスキャンWindows

これも使い方はとても簡単です。まずはスキャンするアドレスの範囲を入力します。この場合は192.168.1.1〜192.168.1.255です。通常は192.168.X.1〜192.168.X.255とXの部分に実際に使用されている値を入力してください。

ネットワークスキャンWindows2

それから、「File」>「Start Scanning」を選べばネットワークをスキャンします。

ネットワークスキャンWindows3