Macターミナルでよく使うzip/gzip/bzip2の圧縮・解凍

Macでターミナルを使ってファイルをいじるようになると圧縮・解凍する作業も増えてきます。ここではよく使う圧縮・解凍コマンドをまとめています。

zip/gzip/bzip2コマンド

この3種類の圧縮形式はよく出てきます。他にも圧縮形式は幾つかありますが、この3種類を扱うことがほとんどかと思います。圧縮率はファイルの種類によって異なります。一般的には、bzip2の圧縮率が一番高く、続いてgzipとzipとなっていますが、zipとgzipは処理速度が早いです。なのでこの3つを扱えれば十分かなと思います。

圧縮コマンド

gzip/bzip2は直接のコマンドでは複数のファイルを1つにまとめてアーカイブする機能が備わっていません。そのためフォルダをまとめて圧縮することができないので、tar形式のアーカイブを圧縮します。ファイル拡張子が.tar.gzや.tar.bz2となっているファイルはtar形式のアーカイブを圧縮しています。
zipはフォルダごとそのまま圧縮している場合が多いです。

gzip圧縮

<tar形式のアーカイブをgzipで圧縮>

特定のファイルやフォルダを除外したい時は、”–exclude”オプションを使います。

bzip2圧縮

<tar形式のアーカイブをbzip2で圧縮>

特定のファイルやフォルダを除外したい時は、gzipと同じように”–exclude”オプションを使います。

zip圧縮

<zipで圧縮>

特定のファイルやフォルダを除外したい時は、”-x”オプションを使います。

スポンサーリンク

解凍コマンド

gzip/bzip2はtar形式のアーカイブを圧縮していることがほとんどなので、gzip/bzip2を解凍してtar形式のアーカイブを展開します。

gzip解凍

<gzipを解凍してtar形式のアーカイブを展開>

bzip2解凍

<bzip2を解凍してtar形式のアーカイブを展開>

zip解凍

<unzipで解凍>

また、zipコマンドは-eオプションで圧縮ファイルにパスワードを付けることができます。

パスワードが付いているzipファイルはunzipするとパスワードを問い合わせてきます。
そこでパスワードを入力すると解凍できます。