Macでisoイメージを作成しよう

Mac OS Xでは特別なアプリをインストールしなくてもisoイメージを作成することができます。とても簡単にできるのでまとめておきます。作成したisoイメージはWindowsでも利用可能です。またisoイメージはBoot CampやVertual Machineを使うときにOSをインストールするために使用します。メディアからもisoイメージを作ることができるので是非活用してください。

フォルダからisoイメージを作成

1.ディスクユーティリティを起動し、「ファイル」>「新規イメージ」>「フォルダからのイメージ作成…」を選びます。

ディスクユーティリティ1

2.isoイメージにしたいフォルダを選択します。そして、名前、場所、イメージフォーマットを入力します。

名前:isoイメージのファイル名
場所:isoイメージファイルの保存場所。デフォルトではisoイメージするフォルダが選択されているので保存場所を変更しましょう。
イメージフォーマット:ハイブリッドイメージ(HFS+/ISO/UDF)を選択します。
入力が完了したら「保存」ボタンを押します。
ディスクユーティリティ2

3.保存完了

保存できると完了画面が表示されます。
ディスクユーティリティ2

スポンサーリンク

4.ファイル拡張子の変更

保存したファイルは拡張子が.dmgで作成されます。拡張子を.isoに変更してください。
作成したファイルが使えるかどうかMacやWindowsでマウントして確認してください。

WindowsインストールDVDからisoイメージを作成したいときは、ディスクユーティリティの右画面で WindowsインストールDVDを選んで上記を行うと作成できます。その際、イメージフォーマットは「DVD/CDマスター」を選択してください。拡張子は.cdrで作成されますが、作成完了後は上記と同じく拡張子を.isoに変更してください。

Macターミナルからコマンドを実行して作成することもできます。書式を全て入力すればコマンドを1回実行するだけで作成できます。
$ hdiutil makehybrid -iso -joliet -default-volume-name [ボリューム名] -o [ファイル名(e.g. sample.iso)] [フォルダ名]

コマンドを入力するのに慣れていると便利です。

イメージフォーマットについて

上の説明でイメージフォーマットが2種類でてきますが、内容についてアップルのページで以下に説明しています。

DVD/CD マスター:他社製アプリケーションで使用できます。これには、使用されないセクタも含み、ディスクイメージのすべてのセクタのコピーが取り込まれます。マスターのディスクイメージを使用してほかの DVD または CD を作成すると、すべてのデータがその通りにコピーされます。
.cdr拡張子のファイルが作成されます。

ハイブリッドイメージ(HFS+/ISO/UDF):このディスクイメージはディスクイメージのフォーマットの組み合わせであり、HFS、ISO、UDF などのさまざまなファイルシステム規格で使用できます。
.dmg拡張子のファイルが作成されます。

https://support.apple.com/kb/PH22247?locale=ja_JP&viewlocale=ja_JP
引用:アップル