MAMPの使い方まとめ1

MAMPはMacにApache, MySQL, PHPが動作する環境をインストールするアプリケーションです。ローカル環境でこれらが動作することで閉じた環境でのWebアプリのテストや、本番環境に影響することなくサイト構築ができます
MAMPという名前はMac, Apache, MySQL, PHPの頭文字を取っています。
また、Windows環境ではXAMPPがよく使われています。XAMPPのMac対応版もありますが、Mac環境ではこちらのほうがより人気があるようです。

・ダウンロード

以下のサイトからMAMPをダウンロードします。
https://www.mamp.info/en/
MAMP1 MAMP_MAMP_PRO_x.x.pkgファイルがダウンロードされます。
このファイルを実行するとインストーラが起動します。

・インストール

指示に従いインストールを行います。
MAMPインストール1 MAMPインストール2 MAMPインストール3

スポンサーリンク

インストールが完了したらMAMPを起動します。
MAMP画面 はじめにMAMPの初期設定を行います。インストール直後はApacheのポート番号が「8888」、Nginxのポート番号が「7888」、MySQLのポート番号が「98889」に設定されているので、「Web と MySQL のポートを 80 と 3306 に設定」ボタンを押してポート番号を変更しましょう。
この設定をするとブラウザでMAMPのApacheにアクセスする際ポート番号を指定しなくてもアクセスできます。
「http://localhost:8888」==> 「http://localhost」でアクセス可能です。
MAMP設定

・php.iniの設定

インストール直後のMAMPはタイムゾーン設定がドイツになっているので日本に変更します。php.iniの場所は、「/Applications/MAMP/bin/php/phpx.x.x/conf」ディレクトリ配下にあります。いくつかのphpバージョンのフォルダがあるので、利用するMAMP設定で指定しているphpバージョン配下のphp.iniを修正します。
ターミナルを使ってphp.iniを修正する場合は、php.iniファイルのあるディレクトリに移動します。

次にphp.iniのバックアップを取ります。Finderやターミナルを使ってphp.iniファイルをコピーし別名(php.ini.orgなど)で保存します。
ターミナルの場合は以下のコマンドを実行します。

そして、エディタを使って以下の[Date]項目を変更します。

設定が有効なのを確認するために、以下のコードを記載したphpファイルを作成しWebサーバのドキュメントルート・ディレクトリに保存します。(例:/Applications/MAMP/htdocs)
ブラウザでhttp://localhost/xxx.phpのようにアクセスし時間がMacに表示されている時刻と同じ表示であれば問題ありません。

※インストール後の環境設定についてのトピックもあるので、MAMPの使い方まとめ2MAMPの使い方まとめ3も参考にしてください。