使えるテキストエディタ

様々なプログラミングをする時に初心者でもわかりやすく、そして使えるテキストエディタをまとめてみました。それぞれエディタの対応OSに違いがあるので自分の使っているOSに対応しているか確認しながら参考にしてください。中でもATOMとBracketsはおすすめです。クロスプラットフォームなので、環境によって使い分ける必要がないので楽です。

スポンサーリンク

秀丸

– 日本発で長い間Windowsユーザーに愛用されているオーソドックスなエディタ
対応OS:Windows(64bit & 32bit)
料金:有料
http://hide.maruo.co.jp/software/hidemaru.html

ATOM

– GitHubが開発した最近注目されているオープンソースのエディタ
対応OS:Mac OS X10.8 or later, Windows, Linux(32bit & 64bit)
料金:無料
https://atom.io

参照:ATOMエディタがあつい!

Brackets

– Abobeが提供している、Web制作用のオープンソースのエディタ
対応OS:MacOS X 10.6.8 or later, Windows Vista or later (32bit & 64bit), Linux Ubuntu 12.04 (32bit & 64bit)
料金:無料
http://brackets.io/

参照:Bracketsエディタを使ってみた

mi

– 日本発で長い間定番として利用されているMac OS X用のエディタ。UIはシンプルで軽快に動作し、豊富なカスタマイズが可能
対応OS:Mac OS X10.3.9 or later
料金:無料
http://www.mimikaki.net

CotEditor

– 日本発のMac OS Xのために作られたエディタ。Look&Feelや動作もMac OS Xアプリに最適なものとなっていてエディタとしての機能も充実しているので編集し易い
対応OS:Mac OS X10.8 or later
料金:無料
http://coteditor.com

Sublime Text

– コーディングするときに便利な機能が豊富で動作が軽量
対応OS:Mac OS X10.7 or later, Windows(32bit & 64bit), Linux (Ubuntu 32bit & 64bit)
日本語対応:
料金:無料 ※有料版あり
http://www.sublimetext.com